余った小麦粉でパックして美肌に

bihada

私はよく、小麦粉を使ってお菓子やパンなどを作るんですが、手についた小麦粉を水で洗い流すときに、手がいつもよりすべすべしていることに気がつきました。

 

そこでネットなどで調べてみると、小麦粉を使った手作りパックなどで肌がきれいになったという人の記事が沢山出てきました。

 

小麦粉は実際に食べるものだから、顔に使っても安全だし、アレルギーさえなければ安心です。

そこで、ネットに書いてあるパックのレシピを見ながら実際に顔のパックに使ってみました。

 

小麦粉が顔に塗れる程度の固さになるように緑茶などで溶いて、洗顔後に顔に塗って、少し乾いてきたら顔を軽くこすりながら洗い流します。

 

 

そうすると、肌がすごく白くなるんです。

 

そして、気になっていた毛穴の黒ずみもスッキリしています。

 

化粧のりに影響していた、肌のがさがさや、小さなぼつぼつもきれいに取れています。

 

おそらく、小麦粉の小さな粒子が毛穴の中に入ってくれて、穴の中の汚れをとってくれるんだと思います。

 

 

レシピも、肌にいいものを自分で混ぜて作ることが出来ます。

私は緑茶や抹茶で試しましたが、贅沢にアボガドや、卵の白身なども肌にすごくいいみたいです。

 

小麦粉は安く買えるし、量も多いのでコストパフォーマンスも最高です。

 

是非試してみてください。