うっかりつけてしまった油汚れ(洋服編)

tabekobosi

 

 

洋服に油分のシミをつくってしまったときに役立つ方法です。

うっかりを洋服の上に垂らしてしまったり、料理しているときに飛び散らせてしまったり、鉄板料理屋さんなどで受けてしまった油。

気を付けていはいても、たまにやってしまう失敗です。

 

お気に入りの服だったりするととってもテンションも下がります。

 

そんな油の汚れには、台所用洗剤が効果を発揮してくれます。

 

そもそも台所用の洗剤は油汚れを浮かせる、落とすように作られていますから、それが洋服にも適用できるということだそうです。

 

 

クリーニング屋さん相談した際に、教えてもらいました。

 

実際に、油がついてしまったときには台所用洗剤の原液を直接シミ部分に垂らし、しばらく漬けて置きました。

 

ただし、時間が経ってしまうと繊維に入り込んでしまうようなので、効果が薄れてきます。

 

 

すぐにやると効果てき面です。

 

時間が経ってしまったものでも、その日のうちくらいなら、丁寧に漬け込んで洗い流してを何度か繰り返すとだいぶ薄くなります。

 

服の繊維によっては、やりすぎると変色や生地に変化が出てきてしまうこともあると思うので、繊細な生地にはおすすめできませんが、普段着や少しくらい痛んでも気にならない洋服ならやってみる価値ありです。